一度閉鎖したブログなのですが。。。アメフトの面白さに観戦記を記すことにしました。その日のノリで応援チームを決め、チアリーダーをデレデレ眺めながら一生懸命応援する変なオヤジのブログです。


by quesaisje00

WindowsでもMacと同じキーバインドを使う

 自分は英語keyboardでmacbook proを使い,VMware FusionでWindows上のsoftwareを動かしている.その際に問題になるのは,keybindが違うことである.Macではコピー&ペーストはcmd & cとcmd & vだが,Windowsではctrl & cあるいはvとなる.WindowsとMac間で異なるsoftwareを使い,copy & pasteを繰り返す際この違いは面倒この上ない.そこで,Windowsのkeybindを強制的にMacに合わせてしまった.この程度でお金を払うのもなんなので,AppleKとかいうSharewareではなく,フリーソフトを用いる.

 Change KeyというSoftwareを用いると,WindowsのレジストリRegistryを書き換えてくれる.一度設定すれば何らかのSoftwareを常駐する手間もなく便利.同様のSoftwereに窓使いの憂鬱というものがあるが,こちらは高度な設定を使い分けられ,Emacs bindなども使うことができるが,設定が面倒なので遠慮した.

 Change Keyのほうは操作方法が簡単で素晴らしい.自分の場合,左apple key(left command key)をcontrol keyにし,control, commandどちらのkeyでもcopy & pasteできるようにした.ついでに,IMEの切り替え(日本語入力の切り替え)も,space barの右にある,右apple + 右enterという隣り合うkeyをがっと押せば切り替えられるようにした.これは便利.英語keyboardはspace barが大きくて使いやすいのだが,IMEの切り替えがALT + ~ という変態的な仕様なのでとても面倒だった.自宅のDesktop機のWindowsにも今度入れておこう.
[PR]
by quesaisje00 | 2007-12-17 19:47 | Computer