一度閉鎖したブログなのですが。。。アメフトの面白さに観戦記を記すことにしました。その日のノリで応援チームを決め、チアリーダーをデレデレ眺めながら一生懸命応援する変なオヤジのブログです。


by quesaisje00

田中君から自分の長所を教えて欲しいとメールが来た,就職活動のためだそうだ.

そこで僕はこんな返事をしたためた.
ーーー

 りんごとみかんを同族たらしめるのは基底による.

 だから,あなたが1でありわたしが0.5であるとは単に定規の嘘だ.

 ところで僕と私は貴方と手を取って踊る.それにみんなは置き去りだ.

 それはどういうこと?


 田中君はだれだろうか?僕は考えてみる.

 テーブルの前ですてきな人形を作るために必要だというのだ.

 笑止,あなたはだれでもなくどこにもいない.

 だれかになろうとしている限りは.

 
 そんな永遠の自己遡及からあなたは逃れられない.

 それは生まれてきた苦しみ.「ある」ことが「ない」ことを越えられないこと.

 そこにあなたはいるが,そこにあなたはいなかった.

 そこにあなたはいるとおもうが,どうして今そこにいると証明できよう?


 スキップして駆けなさい

 自分自身においつかれないように

 でも覚えておきなさい

 影よりも早く走ることはかなわないのです.

ーーー
返事.
「よくわからない.」
 まあそうだよな...でも愛をこめて書いた.



蛇足だが,人は何かに意味を求めるもので,本来意味のないこの一連の羅列に意味を求めてみる.

 おそらく僕はこういいたかったのだろう.

 あなたについて語る前に私は言いたい.いったいあなたについて誰が語りうるだろうか.あなたについてのイメージを僕が語ることが,あなたについて他の人がどう感じるかをどうつながっているか,だれが知り得るだろうか.それは健常者が持つ,精神病にならないための幻想なのだ.生きるとはそうやってだますことだ.

 それでも必要だというなら,あなたという架空の存在をでっちあげてもいいけれど,そんなの笑っちゃう.だって,自分が一つの「自分」という何者かであって,真の姿なるものがあるなんていう幻想に浸っていられるなんておかしすぎる.強いていうならあなたはあなたらしくあろうと無理をしているあなた,私にわかるのは貴方が永久に貴方にはなりえないということ.

 わたしにはそれだけがわかる.そして,それからにげられないことも.

 だからわたしはこういうしかない.それはできないことをしようとすることだと.そして,永久に追ってくる「本当の自分は今の自分なのか」という不安とのレースになってしまうことを.あなたが探すべきはそんな道ではないのだ.
 
[PR]
by quesaisje00 | 2008-04-23 00:37 | その他