一度閉鎖したブログなのですが。。。アメフトの面白さに観戦記を記すことにしました。その日のノリで応援チームを決め、チアリーダーをデレデレ眺めながら一生懸命応援する変なオヤジのブログです。


by quesaisje00

<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

女は灰になるまで...


いろいろかんがえちゃったけど,書けないなあ...

『俳句』  位置について用意しなさい蝸牛(かたつむり)
[PR]
by quesaisje00 | 2005-06-27 10:28 | その他

韓国とサッカー


W杯での韓国等について、わりあいストレートな記事です。

自分はかなり共和的な思想の持ち主だと自分では思っていて、なんでもとりあえず仲良くやりたいほうです。露骨に敵意とか、悪事を見せられると、、、嫌ですね。日本人というのはそういうところ弱いのかもしれません。


MSN スポーツ
[PR]
by quesaisje00 | 2005-06-25 07:38 | サッカー

奇行師の山賊パスタ

b0002411_21224568.jpg

ケチャップ味でなつかしおいし
[PR]
by quesaisje00 | 2005-06-24 21:22 | 食事
 個人的にはちょっと冷めてしまったA代表だが,やはり気になることは気になる.そこで、ちょっとまとめてみた.

1 ジーコはあいかわらずたいした仕事はしていない

 南米の監督だからというのもあるだろうが、ジーコにはシステマチックな守備などを教え込んだりするつもりはないらしい.彼は選手のセレクターとしてのみ働いているとみて間違いない.しかし、それである程度結果が出ている以上,もはや非難できない.チーム力の低下は明らかだが.

2 にもかかわらず、ジーコの選手セレクションには疑問が残る

 まあこれは監督の特権だが,不可解な選手選考に加え,バックアッパーの顔ぶれがまったくわからない.Jリーグの試合をろくに見ていない(特に関西)という話もよく聞くが,それはひどい.

3 現在の日本代表チームは弱い

 どうみても弱いだろ.やわらかくいうと,チームとしての改善ポイントがすぐに10くらい思いつくくらいまだまだのチーム.そして,一年後にそれがどれだけ改善されているのかについてはだれもが悲観的だ.

4 長い合宿後には多少よくなる

 ただし,毎回違うチームになるが.つまり,その場の運任せ.

5 相手と運に恵まれている

 プレスのないだらだらチームである結果,アジアレベルでの予選では相手をぐだぐだの試合に巻き込み,史上最もゆるい出場枠とグループ分けの幸運もあって難なくWカップ出場を決めた.

6 一部のチームには善戦できる

 能力の高い中盤を持っているだけに,相手がボールを持たせてくれればよい攻撃ができるときもある.ただ、全体としてスピードのなさと連動した動きの遅さが気にかかる.また,逆をいうと攻撃パターンは今ひとつ定まらず.
 逆に,ちゃんとプレスしてくるチームには弱い.また,早いつなぎができるチームには中盤が無力.しかし、なんだかんだいってCBとGKは紙一重でよく抑えている.

7 結果を残してきたことで,もはやこの方式に文句をいえなくなってきている.

 とはいっても、今回結局グループリーグ敗退だったように、それほど輝かしい経歴というわけでもない気がするが、しかし雰囲気(そしてマスコミ様野郎)としてあまりとがめだてできないだろう。つまり,このままWカップを向かえることになる.

8 結論

 何か変わったのか?
[PR]
by quesaisje00 | 2005-06-24 09:28 | サッカー
 
 現状では,日本代表のチームはひどすぎ,ワールドカップで強豪国と戦えばまともな戦いがみられないのは明白だ.負けるのは当然として,全試合惨敗のレベルだと思う.コンフェデレーションカップでも相手が全力できたときにはほぼそのようになっている.

 しかし,理由はわからないが,代表のサッカー自体は少しづつだが改善の兆しが見えている気がする.特に攻撃に関しては,前への速さがでてきた.守備はまだザルっぽいが...

 一年後にかなりよくなっていれば,相手の調子次第では善戦できるかもしれない.僕はすでにジーコのチームについては見切り宣言をしているので,グループリーグ突破などという夢はほとんどいだいていない.しかし,やはり勝ってくれればうれしいし,外国の人に誇れるチームになってほしいとは思う.
[PR]
by quesaisje00 | 2005-06-20 09:18 | サッカー

『最後の恋のはじめ方』


 結論から言うと,面白い映画である.何か深遠な話や強烈な感動を期待してはいけないが,明るく笑ってその日を楽しく過ごせること請け合い.自分は爆笑しすぎてまわりの迷惑になっていないか気が気ではなかった.

 映画自体はあほらしいラブ・コメというやつで,お堅い女が恋に目覚めるモノ.ユーモア感覚にあふれていて,ベタな展開と笑いがこれでもかという感じでどんどん来る.合間にちょっと役に立つ恋愛ネタが入っていて,ふーんと思わせるのがこの映画の成功の秘訣か.終盤のあまりにもくだらない展開でかなり力が抜けるが,最初から最後までいろんな意味であほらしい映画という点では終始一貫していると思えるのかも.

 もし週末に暇だったら,そしてちょっとした笑いを求めるなら,この映画はおすすめである.

 公式サイト
goo映画情報と上映館
[PR]
by quesaisje00 | 2005-06-13 19:24 | 本,映画など

大岩,平野,望月

 グランパスは好きなんだよ.名古屋グランパスでもトヨタグランパスでもなく,豊田グランパスとしてがんばってほしい.愛知グランパスでもいい.
 ・・・このあたり県外の人にはわかんないんだろうなー.尾張なんてもともとサッカー盛んだったところじゃないし,刈谷岡崎豊田がひっぱってきたんだよ.商売人が多い名古屋人よりも,『前に倒れるときはうつぶせ,後ろに倒れるときはあおむけ』の三河人のほうが絶対チームを愛してるし.
 トヨタはやっぱ偉いかもしんないけど,それはカイゼンとかジャストオンタイムとかが偉いのであって,縁故主義とか事なかれ主義とかがえらいわけじゃない.くだらないところでフロントが出張るのはやめて,データ収集とかカスタマーリレーションシップマネジメントに精力を費やして欲しい.


■サッカーサイト foot001■ - 基本的に…
[PR]
by quesaisje00 | 2005-06-13 19:06 | サッカー

近々

 旅行記などをアップする予定です。かなり面白い旅だったので、お楽しみに。
[PR]
by quesaisje00 | 2005-06-13 11:49 | その他
まずはリンク

スーダン・ダルフール危機情報wiki - 関心を持つ日本人ブロガー・リスト
[PR]
by quesaisje00 | 2005-06-07 08:06 | 社会
 ガゼッタさんのところで気合いの入った戦評が入ってますが、ぼちぼち面白かったんで書きます。

 日本は4-5-1を使って前の動きを出し、キリンカップでの二連敗を払拭したいところ。予選的にも2位以上を事実上確定するために重要な一線である。

 戦いはあいかわらずぐだぐだのジーコデフォルトから、バーレーンが早く強い攻めで強引に点を狙ってくる展開。前回もそうだったが、双方知らない国のチームだったらバーレーンのファンになっていることは疑いない。弱そうだけど。

 いつもと違うところは、あからさまにうざがられてもめげずに中田が指示を出しまくっているところ。仲がよいとされる1トップの柳沢をどんどん外や前に走らせてスペースを作り、小笠原などに飛び込ませるように試合を作っていく。最初ポストプレイもどきで役に立たなかった柳沢も、得意の周りを生かすプレイで役に立ち始める(映らないが、たぶんそうしているっぽい)。だらだらの試合から、前半20分過ぎ、日本はほんの5分ほどだけこれまでになかったダイナミクスを見せる。脱ウイイレサッカーw。

 そして得点、まあこのあたりは新聞等に詳しいだろう。特筆すべきは、シュートまでの早さ、いつもの日本からはありえない早い展開からのゴールは美しかった。小笠原は代表ではまったくフィットしていないが、常にシュートを狙うキーパーがいやがりそうなプレーは健在だった。中田ファンの僕としても満足。

 点を決めて少したってからは、いろいろ書くのが面倒なほどのいつもの試合になる。日本はプレッシングポイントが低く、またボール周りの人数も少ないため競り負けると大きなピンチになってしまう。このあたりは中田のガンバレだけではどうしようもなく、やはり囲い込みの練習が必用。

 後半以降はバーレーンが異常に疲れ、守りに入ったときの信じられないほどもろい日本の守備を崩しきれなかった。終盤は中田がトップ下に入ったことが大きく。彼がキープして普通のパスを高いレベルでつなげられたところで勝負あった。しかし、今日はボランチの位置としては守備のとき危ない位置取りも多かった。中田が鬼プレスに行きたがるのはわかるが、みんなでプレスに行くか中田もある程度まではスペースを潰すのか統一しなくてはいけない。

 小笠原のワンプレイのみ、柳沢の前半のランニング、中田の早い縦への運びといい点は見られ、自分としては比較的面白い試合だった。ただ、内容が良かったというより、やはりバーレーンに個人の力が不足している点が大きいと思う。監督が頻繁に変わったせいか、大してうまくもないつなぎにこだわってみたり、しかし困るとやみくもに縦に放り込み、けっこうそれが怖いのだがフォーメーションがつなぎ重視になっているので前の人数が足りなかったりと、好チームだが勝てない感じがプンプン。組み合わせに恵まれたのだが、チームが酷いのでドラマになってしまった予選という気がする。まあ誰もこのチームで本戦での活躍は期待していないと思うが、どんな相手にでもドラマチックな戦いに持ち込める泥沼チームなだけに、このまま運良く勝ち進んでみんなの予想を裏切って欲しい。
[PR]
by quesaisje00 | 2005-06-04 11:35 | サッカー