人気ブログランキング |

一度閉鎖したブログなのですが。。。アメフトの面白さに観戦記を記すことにしました。その日のノリで応援チームを決め、チアリーダーをデレデレ眺めながら一生懸命応援する変なオヤジのブログです。


by quesaisje00

Fedora Core4を使用してみて

 一年ほど前からインストールしてはいたんですが、本格的にメインOSとして環境移転しました。感想といえば、

・インストールして、ただネットしたりメールを読み書きするだけなら驚くほど簡単。
・デバイスの認識やドライバが心配になるが、プリンタ以外はほぼ自動認識した。むしろWindous2000よりも簡単な印象。
・rpmと呼ばれるネットからのダウンロード/インストールパッケージが充実しており、使いたいソフトがすぐにネットからダウンロードできるのはかなり快適.
・GUIは美しい.Webページもとても美しく見える.

 というところで、UNIXの導入とはいっても、Fedora CoreのようなGUIが充実したLinuxディストリビューションを使う上ではそれほどの敷居はないようだ.文系用UNIXというのはあながちうがった言い方ではないかもしれない.
 ただし,じゃあ自分の好きなようにカスタマイズしようと思うと,最終的にはCUI(つまりコマンド打ち)で設定ファイルを書き換えなくてはならない.かなりの設定をGUI(つまりマウスから)できるようになっているが,ここは設計思想の問題で,なんでもオートでやってくれるわけではない.昔DOSでconfig.sisやautoexec.exeの設定に四苦八苦したのを思い出すが,もっと細かくできるので,それが楽しく思えたりつらかったり.とりあえず,

・5ボタンマウスのボタン認識と割り当て(Webで調べたが,いまいちわからず)
・日本語ファイル名を使う(Webで調べたとおりにマウントしてみたが,依然?だらけ)
・emacsに習熟して,C言語開発環境も移転する

 このあたりが目標か,とりあえず最低の使用には耐えるようになったので,これからは気長に一つ一つ解決していきたい.ただ,本気でUNIXやるつもりなら*BSDとかをやらないとだめだろうな.
by quesaisje00 | 2005-11-07 02:30 | Computer