一度閉鎖したブログなのですが。。。アメフトの面白さに観戦記を記すことにしました。その日のノリで応援チームを決め、チアリーダーをデレデレ眺めながら一生懸命応援する変なオヤジのブログです。


by quesaisje00

<   2004年 10月 ( 42 )   > この月の画像一覧

[『もう、これに関しては前々からしつこいくらい何度も言っているけども、みんなお願いだから新聞報道がすべて事実・真実だと思わないで。フェアじゃない。』

nakata.net -- 中田英寿オフィシャルホームページ

 具体的に何が起こったのかについては触れていない.少なくとも自分が感じるのは,日本の報道陣に選手を育てるという姿勢がないこと(いわゆるスターシステム),報道される側が反論する機会があまりに少なくアンフェアだということだ.
[PR]
by quesaisje00 | 2004-10-09 05:26 | サッカー

いかんいかん

 酔った勢いで書いたショートショートをホームページに残しっぱなしにしておいたら,読んだ友人らに思いっきり引かれてしまった.そこで,創作のページは削除しましたのであしからず.

(追記)まあこの件では複数の人からいろいろ言われたので,さすがに無鉄砲な自分も反省している.読んだ人が気分を害す可能性があるようなものを載せるのはよくなかった.この場をかりてお詫びします.
[PR]
by quesaisje00 | 2004-10-09 03:52 | その他

JFAの監督人事

KET SEE BLOG: 2002トラウマから脱却しよう
 心理学関係者としては,トラウマとかいう言葉を濫用しているのはいかがなものかと思うが,その他の主張はうなづける.
[PR]
by quesaisje00 | 2004-10-08 11:11 | サッカー

出生率と将来への不安

NIKKEI NET:主要ニュースの記事

 こういうことこそが心理学者の仕事とされるべきはずで,なにか研究のやりかたはあるはずなのになあと思ってしまいます.
[PR]
by quesaisje00 | 2004-10-07 23:14 | 社会

ユース韓国対日本

 やはり負けたようですが,PKまでもつれこんだようですね.あの日本に勝ちきれないようでは韓国代表の未来も暗いですね.・・・あまりよく知りませんが,試合途中をちらっと見たらとにかく後半韓国がへばっていました.体力が切れる韓国というのが,自分には意外すぎてそのイメージしかないです.日本に関しては,監督交代の時期でしょう.もっと育成手腕があり,選手個人に,モダンサッカーで自分のポジションに期待されるプレーを教えながらチームを作るトルシエのような監督が望ましいと思います.彼はユース世代の監督としては最高の部類かもしれません.
[PR]
by quesaisje00 | 2004-10-07 01:56 | サッカー
 多く小説の解説,評論には「心理学的」な説明がなされる.しかし,もはや心理学は小説などの分野に大きな興味を抱いておらず,それに不満すら述べるようになっている.詳しくはmore以降.

More
[PR]
by quesaisje00 | 2004-10-06 00:17 | 心理学
 人間には自分に必要な栄養を求める機能がそなわっており,様々な食べ物をいくらでも食べられるような状況においては,かえってバランスよく摂取することが知られている.つまり,人間は自分が摂ったものに応じてそのとき食べたいものを替えるという機能がもともとある.

More
[PR]
by quesaisje00 | 2004-10-05 03:39 | 心理学
 いい時間にやるので,ちょっと見ようかと思ったんですが,ひどい試合でした.自国のチームがアジアの大会であそこまで露骨に守っているのを見るのは辛いです.しかも単に引いているだけの守り.

 コメントする気になれないので,以下省略.なんかインタビューでも監督がいい試合ではなかったけどまあ勝ててよかったみたいなこといってましたね.あと,審判うざい.邪推したくなるレフュリーぶり.


nikkansports.com > サッカーTOP > 日本代表 > 日本代表ニュース
[PR]
by quesaisje00 | 2004-10-03 22:30 | サッカー

日本B代表の顔ぶれ

 とりあえず自分が言いたいのは…
グランパスの選手なし
 そんなにコアなファンじゃないし,確かに絶対入れろよって選手いないけど,でもね...

SANSPO.COM

 と思いきや,『グランパスはナビスコカップのため選考外』(おりたさんコメント)だそうです.よかった!
[PR]
by quesaisje00 | 2004-10-02 13:56 | サッカー
 友人のスクールカウンセラーと話しましたの書き込みについて,おそらく自分が話を聞いた本人から以下のようなコメントをもらいました.

>いちさんの指摘された平等の履き違えは、とても大きい問題です。
>ある人は、「なんでも分けると『差別だ、差別だ』というけれど、それ>は教育にとって必要な<区別>であって<差別>ではない。」と仰>っていました。同感です。

 僕の意見では平等,公平,フェアなどのどの『幻想』にどれくらい依拠していくのか(ここではこんな風に簡単に書いておく,ある社会における個人の準拠規範はナラティブだということ)は置いても,教育現場でのルールと実社会でのルールがあまりにも異なっているというのは生徒にとって役にたたない教育になる恐れがあると思います.逆に,余りにも完全に市場の競争原理が学校に持ち込まれることも機会均等とか訓練の場という観点から行きすぎなわけですが….

 上のようなものでなくても,学校とはこういうものだという認識が多くの人に共通してないことが問題なのかもしれないと思いました.高等教育の場などでもっとディベートしてほしい問題ですね.
[PR]
by quesaisje00 | 2004-10-02 10:42 | 心理学